トップ > 医師紹介

医師紹介

院長からのご挨拶と経歴
院長
院長 長田郁夫 (医学博士)

鳥取県境港市生まれ、
境港市、米子市育ち
(境港市立中浜小学校、境港市立第二中学校、
米子市立後藤ケ丘中学校、鳥取県立米子東高等学校)

ごあいさつ

大学病院では一般小児科外来及び病棟とともに地域の周産期医療(妊婦さん、生まれる前の胎児、新生児を扱う医療)の要である総合周産期母子医療センターで新生児集中治療、退院後の児のフォローアップを行ってきました。
また小児の肝臓・消化器疾患、アレルギー疾患の診療にも重点的に携わってきました。

今後は25年以上にわたる大学病院での勤務経験を活かし、治療が必要な子ども達に対して積極的に対応するとともに、ワクチン接種による疾病予防にも取り組んでいきながら子ども達の成長と健康を見守っていきたいと思います。
また、元気に生まれた赤ちゃんとともに、小さく生まれたり、 病気をもって生まれるなどして治療を受けた赤ちゃんの健康管理をして成長を見守りたいと考えます。

近隣施設と連携をとりながら、安心して子育てできるよう子ども達とご家族をサポートしていきたいと思います。

さらにクリニック2階のコミュニティルームにおいて、以前から近隣の産科施設で行われている親子の絆を深めるためのベビービクス、ベビーマッサージなどの行事を行うとともに、将来的には絵本の読み聞かせなど育児支援につながる行事を行っていくことも考えています。

地域の皆様方が安心して子育てできるよう誠心誠意がんばりたいと思いますので、よろしくお願い致します。


略歴

1985年 鳥取大学医学部卒業、小児科入局
1986年 鳥取赤十字病院(7月〜9月)
1987年 国立小児病院新生児科
1988年 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科
1989年 鳥取大学医学部附属病院小児科
1996年 英国留学(ロンドン大学 キングスカレッジ病院)
1997年 鳥取大学医学部附属病院小児科
2006年 鳥取大学医学部周産期小児医学助教授
    鳥取大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター
     副センター長 (兼任)
2007年 鳥取大学医学部周産期小児医学准教授
2012年 子育て長田こどもクリニック開院

 

 

資格 

【専門医】
・日本小児科学会認定 小児科専門医
・日本周産期医学会認定 周産期(新生児)専門医、指導医
・日本人類遺伝学会認定 臨床遺伝専門医
・日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医
・日本肝臓学会認定 肝臓専門医  
 
【認定医】
日本小児栄養消化器肝臓認定医 
 
【その他】
・日本体育協会公認スポーツドクター
・国際認定ラクテーションコンサルタント(IBCLC)
・新生児蘇生法(NCPR) インストラクター
・PALS プロバイダー(米国心臓協会) 
 
【大学関連】
・鳥取大学医学部 臨床教授
・鳥取大学医学部 非常勤講師
 
診療科・診療内容
診療科
小児科、新生児内科、アレルギー科
診療内容
一般小児科診療、予防接種、乳児健診 

 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 



 
 
 

所属学会

日本小児科学会
日本周産期・新生児医学会
日本未熟児新生児学会
日本小児栄養消化器肝臓学会
日本小児肝臓研究会
日本肝臓学会
日本感染症学会
日本小児感染症学会
日本人類遺伝学会
日本アレルギー学会                      日本東洋医学会 

役員歴

新生児医療連絡会鳥取県代表
鳥取県感染症対策協議会委員
鳥取県保健医療計画改定に伴う検討会
周産期医療に係る検討会会長
鳥取県周産期医療協議会委員
鳥取大学医学部附属病院 患者サービス推進委員会委員
鳥取県重症心身障がい児・者関係医療機関会議委員

2015-02-05