トップ > 特集記事 > 新型コロナウイルス関連情報 > クリニックからのお知らせ(1) 診療体制、感染予防対策について【7月2日更新】

クリニックからのお知らせ(1) 診療体制、感染予防対策について【7月2日更新】

全国で新型コロナウィルス感染症の拡大とともに、4月9日〜11日にかけて島根県、鳥取県でも感染症患者が発生しました。また7月2日(木)に鳥取県4例目(鳥取市で3例目)が2か月半ぶりに発生しました。

当クリニックでは4月以降感染予防対策を実施しており、今後も継続して行います。発熱、気道感染症症状のお子さまとともに、予防接種や乳幼児健診など健康なお子さまに関しても安心して受診できるよう対策を行っております。受診に際し疑問の点などありましたらお問い合わせ下さい。

予防対策としては1)待合室での滞在を短く、待合室での待ち人数を最小限に、2)院内の清潔保持による院内感染予防、)ご本人やご家族に新型コロナウイルス感染リスクがある場合の別室対応4)診察、処置の際の飛沫感染予防、)健診やワクチン、定期受診の方への感染予防(別室対応)です。

皆様にご不便、ご迷惑をおかけすることも多々あるかもしれませんが、ご理解、ご協力の程、宜しくお願いします。

 

1)受診される方へのお願い

①症状の有無に関わらず、新型コロナウイルス感染症発症地域にご本人またはご家族が行かれた場合は、事前に必ず電話連絡をお願いします。感染予防のため、一般の診察の方と時間や部屋を分けてご案内します。

②新型コロナウイルス感染症に関連する症状(発熱が続く、強い咳嗽、倦怠感など)がみられる場合にも、一般の診察の方と部屋を分けてご案内します。事前に必ず電話でご連絡をお願いします。

①②の方は、車で待機していただきますので、来院されたら車内からクリニックに連絡して下さい。

 

2)院内の感染対策について

①一時的に絵本、おもちゃ、パンフレット、ウォーターサーバーなどを撤去致します。

②基本的に常時換気を行っています。肌寒く感じられることがあるかもしれませんので上着を持参していただきますようお願いいたします。

③クリニック内は次亜塩素酸希釈液による除菌・消毒を行っています。

 

3)検査、処置

①鼻腔や喉から検体を採取する迅速検査は必要最小限といたします。

②ネブライザーによる吸入、鼻汁吸引等の措置は原則行わないことといたします。

検査や処置を行う際は、マスク、手袋、ガウン、ゴーグルにより感染予防対策をとりますので、ご理解のほど宜しくお願いします。

 

4)乳幼児健診、ワクチン、定期受診について

①定期受診やワクチン、定期受診のお子さんは診察室を分け、待ち時間には車や2階の部屋でお待ちいただくようご案内します。

②乳幼児健診やワクチンは原則午後の専用時間枠に予約をとらせていただきます。

 尚、2週間以内にご本人、ご家族に鼻汁、咳嗽、発熱、倦怠感などの症状が見られる場合には事前にご相談下さい。

2020-07-02