小児科

麻しん(はしか)

1.過去の流行状況

はしかの1年間の感染者数は、2008年に国内で大規模な流行があり11013人でしたが、ワクチン接種が積極的に行われるようになり、2015年には35人にまで減少しました。2019年には1年間で744人と増加しましたが、2020年以降新型コロナウイルスの感染拡大以降10名以下となっていました。20234月以降、日本全国で麻しん患者が増加傾向になり、広範な感染拡大が危惧されています。

2.感染力、感染経路

麻しんの感染力は非常に強く、 免疫を持ってない人が同じ部屋にいるとほぼ100%感染します。
 基本再生産数(まわりの人に免疫がなく、対策がとられない場合、感染者1人が感染を広げる人数)はインフルエンザや新型コロナウイルスより 高いことがわかっています(麻しん:12〜18人、 インフルエンザ:12人、新型コロナウイルス:13人)

感染経路: 感染経路は飛沫感染、接触感染もしますが、空気感染することが特徴で、空調を共有している室内であれば、感染者から遠く離れていても感染する可能性があります。

感染性がある期間: 潜伏期間は8〜12日で発症1〜2日前から感染性があります。

3.主な症状

・高熱や全身のだるさ・倦怠感
・鼻水や咳、目の充血
・顔から始まり体全体に広がる発疹

経過
 一般に8-12日の潜伏期間の後、発熱、咳嗽、結膜充血、眼脂などのいわゆるかぜ症状が2-3日続き頬粘膜に粘膜疹が出現します。その2-3日後に、頭部から発疹(斑状紅斑)が出現し、3日以内に体幹および四肢に広がります。その後暗赤色の丘疹となり、融合傾向を示しながら、最終的に色素沈着を残して治癒します。子どもでは嘔吐・下痢、腹痛を合併することもあります

治療

麻疹の治療には、症状の緩和を目的とした対処療法が一般的に行われます。解熱剤や鎮痛剤の使用により、発熱や痛みを抑えることができます。休息を取り、十分な水分を摂ることが重要です。

予防

予防接種が非常に効果的で、特に2回接種することで、感染のリスクを大幅に減らすことができます。

麻疹予防において、以下の点に注意してください:
・予防接種のスケジュールを守ること
・集団感染が疑われる場合は、公共の場に出かけないこと
・麻疹の症状が疑われる場合は、迅速に医療機関を受診すること
・感染予防のために、手洗いやマスクの使用を徹底すること