4月から年長さんになられたお子さまへ

小学校就学前の1年間に麻しん風しん混合(MR)の予防接種があります。
麻しん(はしか)の発生がニュースにもなっていますので早目の接種をおすすめします。
  (→こちら)

《その他 年長さんで出来る予防接種》

定期接種(無料):日本脳炎一期追加(7歳半までに)

任意接種(有料):おたふく 2回目

 

※ この機会にきょうだいの方の母子手帳も確認し、接種されていない予防接種があれば早目に接種しましょう!

詳しくは コチラ

4月1日からの小児医療の無償化制度について

鳥取県内全域で2024年4月1日から18歳以下(18歳に 達する3月31までが対象)の医療費の自己負担分が無料となります。子育てに関する負担の軽減と、子どもたちが安心して医療を受けることができるための制度です。

鳥取県では、「とっとり子ども救急ダイヤル(#8000)」を24時間体制で受け付けることとされています。夜間や休日に受診すべきか迷ったときにはご利用ください。

小児医療無償化のチラシ

   

4月1日から小児肺炎球菌ワクチンが新しくなります

2024年4月1日から小児肺炎球菌ワクチンが13価から15価になります。
従来使用されている13価の肺炎球菌ワクチンは13種類の肺炎球菌に対して予防効果がありますが、15価のワクチンは新たに2種類が追加され、計15種類の肺炎球菌に対して予防効果を有します(従来よりも多くの種類の肺炎球菌に対して予防効果が期待出来るとされます)。

この4月以降、小児肺炎球菌ワクチンを開始されるお子さんは、15価のワクチンを用いることになります。また従来の13価のワクチンを15価に切り替えて接種した場合の有効性と安全性は確認されていますので、2024年4月以降、PCV13を使用して1回目、2回目又は3回目までの接種を終了したお子さんの接種について、残りの接種をPCV15を用いることになります。

肺炎球菌は、気道の分泌物により感染が広まりますが、保育園など集団生活をしているお子さんはほとんどが感染していると言われます。通常菌を持っているだけで健康上問題はありませんが、何らかのきっかけで、肺炎や中耳炎、髄膜炎などの重い合併症を起こすことがあります。小さい子供ほど発症しやすく、特に0歳児でのリスクが高いとされています。

ワクチンが切り替わることで、肺炎や髄膜炎などのリスクが高い小さい子供たちに対するさらなる予防効果が期待されます。

※参考:肺炎球菌ワクチンについて

2024年4月から5種混合ワクチンの接種が始まりました

1. 5種混合ワクチンとは

従来の4種混合ワクチン(百日せき、破傷風、ジフテリア、ポリオ)に、肺炎や髄膜炎などを引き起こす「Hib感染症」を予防する成分を加えた新しいワクチンです。

2024年2月以降に生まれた赤ちゃんが接種の対象になります。

2. 接種スケジュール

  • 生後2ヶ月から90ヶ月までの間に、4回の接種を行います。
  • 初回接種は3回、20日以上の間隔をあけて行い、追加接種は1回、初回接種終了後6ヶ月以上の間隔をあけて行います。

3. 従来のワクチン(4種混合ワクチンとHibワクチン)

当面の間は、従来の4種混合ワクチンとHibワクチンも継続して使用できます。今後の各自治体からの情報にご注意ください。

4. 5種混合ワクチンのメリット

  • Hibワクチンと4種混合ワクチンを別々に接種する必要がなくなり、接種回数を減らすことができます。

5. その他の情報

  • 予診票など詳細は、今後自治体からの情報提供をお待ちください。

当クリニックでも情報を随時更新していきます。ご不明な点があれば、お気軽に当クリニックにご相談ください。ただし、全ての詳細がまだ確定していないため、最新の情報を確認しながらお答えする場合がありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

「受診時のお願い(1月3日版)」

◇下記の項目に当てはまる方は、お車または別室での診察となりますので、クリニック駐車場に到着後、お電話をお願いします。当てはまらない方は直接窓口にお越しいただき受付をしてください。


  •  10日以内に新型コロナウイルスに感染していた方
  •  1週間以内にご家族や周囲に新型コロナウイルス感染症の方がおられた方

◇受診の際は引き続きマスクの着用と手指の消毒にご協力お願いします。

WEB問診の入力事前の体温測定(受診されるお子さま、付き添いの方)、事前の体重測定(受診されるお子さま)にご協力をお願いします。WEB問診の入力が難しい場合はご相談ください。

 ◇感染対策のため待ち時間が長くなる場合がありますがご了承ください。

 

子どもに対する黄砂の影響について

黄砂は、中国大陸やモンゴルの砂漠地帯から風によって運ばれる砂や塵のことで、日本にも影響を及ぼすことがあります。特に春に多く、子供たちの健康に影響を与えることがあります。

米子周辺には3月終わり頃から黄砂の飛来が増えてきています。

黄砂に含まれる微粒子は、空気の質を低下させるため、子供の健康に以下のような影響を与える可能性があります

  1. 呼吸器系の問題:黄砂に含まれる微細な粒子は、喘息やアレルギー反応を引き起こすことがあります。特に呼吸器系に問題を抱える子供は影響を受けやすいです。

  2. 皮膚や目の刺激:黄砂は皮膚の刺激や目のかゆみ、赤みを引き起こすことがあります。これは黄砂の粒子が物理的に刺激を与えるためです。

  3. アレルギーの悪化:黄砂はアレルギー反応を悪化させることもあります。黄砂には花粉などのアレルゲンが含まれていることもあるためです。

 

【黄砂暴露への対策】

 黄砂が飛来しているときは、以下の対策を取ると良いでしょう:

  • 室内にいる時間を増やす
  • 窓を閉めて室内の空気を清潔に保つ
  • 外出時はマスクや眼鏡を着用する
  • 帰宅後は手洗い、うがいを徹底し、衣服を清潔に保つ

気になる症状が見られるときはご相談下さい。

 

【参考情報】

気象庁黄砂情報 

環境省黄砂飛来情報

2024年に入ってからの麻しん(はしか)の流行について

2024年に入ってから、麻しん(はしか)の発生数が増えています。1月1日以降、東京都、大阪府、奈良県などを中心に複数の例が報告されています。これは、世界的な流行の一環で、世界保健機関(WHO)によれば、2023年の感染者数は32万人と前年の1.8倍に増加しており、特にヨーロッパ(ロシア・中央アジア含む)では60倍にも達しています。

日本における流行の経過と現在の発生

2015年(平成27年)3月27日には、日本が麻疹の排除状態にあることが世界保健機関西太平洋地域事務局により認定されました。しかし、今年の1月から3月までの間に、東京都、岐阜県、愛知県など複数の都道府県で麻疹の発生が確認されています。

週別および都道府県別の発生状況

  • 2024年1月1日〜3月27日
    • 週別の発生数 3月17日までに20人
       2月12日〜18日1人、2月19日〜25日1人、2月26日〜3月3日1人)、3月4日〜10日(8人)、3月11日〜17日(9人)
    • 都道府県別発生数
       東京都(5人)、岐阜県(1人)、愛知県(2人)、滋賀県(1人)、京都府(1人)、大阪府(7人)、兵庫県(1人)、奈良県(2人)

注意していただきたい点について

この状況を踏まえ、子どもの健康を守るために、以下のポイントに注意してください。

  1. 予防接種の確認:お子様の予防接種の記録を確認し、必要な場合は追加接種を検討してください。
  2. 旅行先のリスク把握:海外旅行を予定している場合は、訪問先の麻疹発生状況を事前に確認してください。
  3. 発熱や発疹に注意:麻疹は高熱や特有の発疹が特徴です。これらの症状があれば、他の人との接触を避けて、速やかに医療機関へ相談してください。

麻しん(はしか)については⇒こちら

スギ花粉の飛散量が増えています

スギの飛散量の増加と花粉飛散時期の外出時の注意点について

 

しばらく寒い日が続いたあとに暖かくなる時期には、スギ花粉の飛散量が増加します。

アレルギー性鼻炎については当クリニックHPでも記載しています(⇒こちら)。

実際花粉飛散量が増えたときの対策について記載します。

 

花粉飛散時の外出時の注意

1)花粉情報

インターネットやテレビ・ラジオなどで花粉飛散予測を確認しましょう。

2)花粉が多く飛びやすい環境(気候、時間帶)

・雨の日と雨上がり
 雨が上がると花粉の飛散量の増加に加え、地面の花粉も巻き上げられ、花粉飛散量は増えますので注意しましょう。

・朝と夕方
 一般に朝と夕方には多く飛散します(地形や建造物、地域により差があります。
 一般的に1日で最も気温が上昇する13~15時ころに飛散量増える傾向があります)。

3)花粉回避の服装や装備

・花粉が付着しやすいような表面が毛羽立った毛織物などのコートの使用を控え、表面がツルツルした上着を選びましょう。

・花粉は全身に付着しやすいため、帽子、メガネやマスク、マフラーやスカーフで付着を防ぎましょう。

4)帰宅時

家の中に花粉を持ち込まないように、帰宅時には玄関前で衣服や髪に付着した花粉を払い、すぐに着替えて洗顔、うがい、鼻かみをしましょう。

 

住居環境や生活の注意点

1)住居環境について

・ 飛散の多い時は窓、戸を閉めておきましょう

・ 換気のときの窓は小さくを上げて短時間に止めましょう

2) 生活の注意点

・ 飛散の多いときの布団や洗濯物の外干しは避けましょう

・掃除を十分に行いましょう。特に窓際を念入りに掃除しましょう。

 

花粉症における鼻や目の症状を軽減させるために

1)鼻のケア

・鼻の洗浄
鼻に入り込んだ花粉やホコリなどを洗い流しましょう。洗浄の際は刺激の少ない体液に近い組成の市販の生理食塩水などを利用してください。

・鼻の粘膜の保護
繰り返して鼻をかむと鼻が荒れますので、荒れてしまったら白色ワセリンなどを塗ってください。保湿ティッシュペーパーで鼻をかむことも有用です。

・室内の加湿
室内を加湿して水分を補いましょう。またマスクも有用です。

・マスク
マスクは、吸い込む花粉量を減らします。ただしマスクをしていても完全防備にはならないので過信は禁物です。

2)目のケア

・目の洗浄
花粉やホコリなどの異物を洗い流すことで症状が軽減されます。市販の眼の洗浄液などを利用しましょう。

・目の疲労の回避
長時間にわたるテレビの視聴やパソコン作業をできるだけ控えて眼の負担を軽減させましょう。

 

【参考資料】

花粉症環境保全マニュアル2022

 

スギ花粉症について

 スギ花粉が飛散し始めています。現在まだ少量ですが、2月中旬には中国地方も飛散量が増えると予測されています。スギ花粉症はくしゃみ、鼻水、鼻づまりが主な症状ですが、鼻をこすったり、目をこすったりする症状もよくみられます。なお、ハウスダストやダニによって引き起こされる季節性ではない通年性のアレルギー性鼻炎であっても、春先のほこりや黄砂などが原因となって春先に症状が出やすいことがあります。
・診断に際しては症状とともに、鼻水検査、血液検査を行います。血液検査により鼻炎の原因がわかると、症状でやすい時期を推測することができます。
・治療は主に内服薬(抗ヒスタミン剤、抗ロイコトリエン受容体拮抗薬)やステロイド点鼻液を用いて症状を軽減するようにします。
 鼻炎症状がみられる時には、軽いうちに症状を抑える方が楽に過ごせますので、症状がみられたら(もしくは例年みられる場合は症状がみられる前に)早めの受診をお勧めします。
※なお、気管支ぜん息を合併することも時々ありますので、気管支ぜん息に対する検査、治療が必要になることもあります。
※数年前からお子さんに対してもアレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)という治療法が行われるようになっていて、当クリニックでも積極的に行っています。軽症〜重度のお子さんまで適応となりますので、希望される場合は一度ご相談下さい。
 免疫療法、そのほかについては当HP内のアレルギー性鼻炎も参照してください。

4月から小学校・中学校入学のお子さまへ

小学校、中学校生活が始まると予防接種を受ける機会が少なくなります。まだ受けておられない予防接種があるお子さまは早めに予防接種の計画を立てましょう。

定期接種(無料)は年齢制限がありますので母子手帳を確認し早めにご相談ください。

★小学校入学までに終わらせておきたい予防接種

 定期接種(接種年齢に制限があります)

  ●MR(麻しん風しん)2回目・・就学前(年長)

  ●日本脳炎1期追加・・7歳半まで

 任意接種(私費) 

  ●おたふくかぜ2回目

★中学校入学までに終わらせておきたい予防接種

 定期接種(接種年齢に制限があります) 

  ●2種混合・・11歳~13歳まで

  ●日本脳炎2期・・9歳~13歳まで

 

※子宮頸がんワクチン(小学校6年生~高校1年生相当の女性)についてもホームページに記載しておりますのでご覧ください。

子宮頸がんワクチンについて➡ コチラ 

ホームページ予防接種について➡https://www.kosodate-nagata.jp/medical/vaccin

★ 定期接種は接種の時期を過ぎていても任意接種(私費)として受けることが出来ます。

★ その他にもまだ受けておられない予防接種があるお子さまは早めにご相談ください。